待ちに待った 個展のお知らせをいただきましたので ご紹介させていただきます!





"本物"



といいますと 話が長くなりますので、。


個人的にお知り合いになったきっかけが 2年前の年越しでした。男鹿ゲストハウスで行われた、増川地区という小さな地区で なまはげを復活させる 地域おこし の素晴らしいイベントでした。

日本酒ときりたんぽ ハタハタずしなどでもりあがりながら ゑびす さんは こっそり作品を見せていただきました(笑)


決して 見ろ!という感じではなく、

こうゆうかんじで描いています っという感じで そーっと何作品か見せて頂いたのを思い出します。こんな方がいらっしゃったんだという印象です。

藤田嗣治氏も素晴らしい方ですが、残念ながら秋田の方ではありません 

個人的には第二の、、  とも思ってしまいます こんな方他にいらっしゃるのでしょうか。

平野政吉さんみたいな人 いらっしゃらないでしょうかね!!!






絵画、作品、芸術 などといわれるものは なにがいいのかわからない といわれる方も多いと思います。

個人的にも いいと思うんです。好きか嫌いかで。

ただ、

観察すればするほど その方が なぜこれをこんなに時間を費やして制作したか、描いたか、表現したか  というふうに考えることはできないでしょうか。


そこを 深く考えさせられるような個展ではないでしょうか。


タイトルにあります  "汲古"


         (きゅうこ)



私は人生で はじめて 出会った言葉です

考えさせられる 深い言葉です

今の社会にも ものすごく大切なことの一つに感じます 


素晴らしい 大変貴重なアーティストと思います


有名か、有名じゃないか とかではなく 自分自身で 見つけ、触れて はじめて 物事の価値に近づくのではないでしょうか

価値があるか ないか 

絶対に感じるはずです  

感じていただきたいです



ぜひ ご家族で足を運んでいただけたらと思います! 素晴らしい先生ですよ!